So-net無料ブログ作成

人物を疑似3Dで別空間にリアルタイム伝送できる技術が実現!

人物を疑似3Dで別空間にリアルタイム伝送してできる空中像投影が実現!!

⇒ NTTが超高臨場感視聴体験技術を開発

【第10期】七星映像道場募集中

NTTは、疑似3D映像をリアルタイムで空間に映し出す技術「Kirari!」を開発しました。

まるで映画の世界が、現実になったということですね!

展示内容の一部についてはニコニコ生放送の「NTT R&Dチャンネル」で18日夜に紹介番組を配信するそうです。

Kirari!は、競技場の空間・環境を中継先会場へリアルタイムで伝送するイマーシブテレプレゼンス技術で、今後、個人競技を中心に、空手、フェンシングや、ピッチャー、バッターなど個人のプレイにフォーカスがあたる野球などに向けてKirari!を展開する予定とのこと。

また、2017年には選手複数人での競技へ対応するための研究開発を推進していくそうですから、2020年の東京オリンピックの楽しみがまた一つ増えましたね。

スポーツ以外にも、伝統芸能やコンサートのパブリックビューイング、講演のライブ中継などにも活用できそうですが、それにしても日本の技術力は凄い!

04_s.jpg


03.jpg


【第10期】七星映像道場募集中

◆プレスリリース
http://www.ntt.co.jp/news2016/1602/160216b.html

◆NTT R&Dフォーラム2016
https://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2016/info/

◆NTT R&Dチャンネル(ニコニコ生放送)
http://ch.nicovideo.jp/ntt-RD

タグ:新技術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。